NetBSD

Update uwscons patch based on uwscons-20030117.tar.gz

wsfont(4)がクソ過ぎる(キリッ 動作例 動作デモ動画

kiconv: in-kernel iconv

カーネルから /usr/share 配下のファイルを参照するそびえたつクソ実装です。 動作例

続 ld.elf_so: support ELF symbol versioning

joerg@ さんにもみゅもみゅしてもらったのでパッチを更新

ld.elf_so: support ELF symbol versioning

なんとなくパッチを書いてみた。

SSP 周りなんとかしたいなぁ、と思いつつも手も頭も動かず。

キーパッド

バイナリを覗いていたら WS011SH のキーパッドは AK4184 で制御している様に見えたので適当に解析して適当に対応。

xkeyboard-config

configure && make してみたら、自分が修正した箇所が make 対象になっていないわ、make 対象にしたらコケるわで酷い状況だったので修正した。 ちゃんと確認しないと駄目だね…。

そういえば WZERO3 で miniroot.fs が使えるのか試したことないなぁ。多分使えないような気がするけど。

X キーマップ

動作確認が出来たので commit した。

NetBSD/hpcarm WZERO3

書いてみた。

続 AK4184

commit した。

AK4184

なんとなく動いてる感じ。

今でもアレな wzero3_tp.c と wzero3_ssp.c が更に汚くなった。

booting NetBSD/hpcarm on WILLCOM | W-ZERO3(WS004SH)

NOZAKI さん作。

続々々々々々々 MAX1233

ADC Averaging Control を 4 data averages から 16 data averages にしたら、ポインタがぷるぷる震える現象は大分マシになった。

続々々々々々 MAX1233

とりあえず commit した。 ポインタがぷるぷる震えるけど許して。後で何とかしたい。

続々々々々 MAX1233

ペンタッチによるボタン押下もできた。 ある一点をポイントしているとカーソルがぷるぷる震えるなぁ。

続々々々 MAX1233

printf 取り除いてもポインタは動くようになった。 まだ、ペンタッチによるボタン押下が出来んなぁ、なんでだろ。

続々々 MAX1233

動いた、と思ってデバッグ printf 取り除いたら動かなくなった(笑)

続々 MAX1233

なんとか座標らしい値を取ってくることが出来るようになった。 その値のなんと怪しいこと…。

MAX1233 DAC

MAX1233 の DAC でバックライトかその類のものを制御してるみたい。 DAC をパワーオフしたら画面が暗くなったので。

続 MAX1233

値は読めるようになったけど、その値が怪しい…。 書いたとおりの値が読めるレジスタもあるけど、そうでないレジスタもある。

MAX1233

今日の進捗はクロックと SSP のレジスタ定義追加のみ。 全然動かねぇ、うへぇ。

続タッチパネル

無いよりはマシだろうと思うので commit しておいた。

続々 Xhpc

X 終了時にフリーズするってのは気のせいだったようだ。

続 Xhpc

何か X を終了させるときにキーボード関連のエラーを吐いてフリーズするな…。

タッチパネル

なんとなく動いてる感じ。

Xhpc

カーネルオプションを足したら通常のキー入力はできるようになったけど、まだ Fn キーとのコンビネーションは駄目だなぁ。

続々 upgt(4)

んー、macfilter が設定できないから no network のままなんかなー。 usb_insert_transfer: xfer=0xc0daf400 not busy 0x0000009e upgt0: upgt_bulk_xmit: error INVAL! upgt0: could not transmit macfilter CMD data URB! usb_insert_transfer: xfer=0xc0d…

続 upgt(4)

くっつけたけど残念ながら動かんかった。 upgt0 at uhub0 port 1 upgt0: Sharp RUITZ1016YCZZ, rev 2.00/1.00, addr 2 boot device: ld0 root on ld0a dumps on ld0b root file system type: ffs WARNING: clock lost 1561 days WARNING: using filesystem t…

malo(4), otus(4), rum(4), run(4), uath(4), and upgt(4) for NetBSD

もう移植されてたのか。

続 FriendlyARM Mini2440

-current 向けパッチ。 本家との差分は以下の通り。sssdi(4) の動作確認をしたから、こんなデバイス、ポイだ、ポイ。 dav(4): DM9000 のデバイス名を dm9000nic から dav に変更 sssdi(4): Mini2440 依存部分と非依存部を分離 sssdi(4): SD 4bit bus width …

NetBSD support for the Mini2440

昨日のパッチを書いた人の Mini2440 のページ。 開発は継続されているようなので、こちら側の開発は中止するか。

FriendlyARM Mini2440

これ何時買ったんだっけなぁ。NetBSD 向けのパッチがある事に気づいたので適当に弄りながら手パッチしてみた。 標準のブートローダは安定性がクソなので NAND に U-Boot を焼いて NAND から起動している。 U-Boot 1.3.2-mini2440 (Oct 6 2009 - 12:51:09) I2…

続々々々々 Renesas Technology Corp. R0P7785LC0011RL

PCA9564 I2C controller のドライバを書いたので RTC が attach できるようになった。RTC のドライバが既に存在していて良かったよ…。 pcaiic0 at mainbus0: PCA9564 I2C Controller iic0 at pcaiic0: I2C bus r2025rtc0 at iic0 addr 0x32: RICOH R2025S/D …

続々々々 Renesas Technology Corp. R0P7785LC0011RL

なんとか pkgsrc がコンパイルできるくらいになったのでベンチってみた。 ちなみにファイルコピー系は tmpfs なのでこの記録は参考にならないかも。 INDEX VALUES TEST BASELINE RESULT INDEX Dhrystone 2 using register variables 116700.0 716643.6 61.4 …

続々々 Renesas Technology Corp. R0P7785LC0011RL

29bit physical address mode は良さげに見えたけど割と駄目な感じ。32bit physical address mode みたいに kernel panic はしないけどさ。

続々 Renesas Technology Corp. R0P7785LC0011RL

uch@ さんがこんなのどうと出してくれたパッチをあてたらマルチユーザモードに到達した。 29bit physical address mode は安定しているようにみえる。でも 32bit physical address mode はまだ不安定だ。

続 Renesas Technology Corp. R0P7785LC0011RL

32bit physical address mode でも re(4) が使えるようになった。 とは言っても nfs root でマルチユーザモードで立ち上がるところまで行かないんだけどね。 まあ、29bit physical address mode でも同じなんだけどさ。

Renesas Technology Corp. R0P7785LC0011RL

re(4) 動いた記念。 => rarpboot RARP broadcast 1 *** Warning: no boot file name; using 'C0A800C8.img' Using RTL8169#0 device TFTP from server 192.168.0.2; our IP address is 192.168.0.200 Filename 'C0A800C8.img'. Load address: 0x9000000 Load…

NetBSD/evbsh3

今のところの差分。

続 T-SH7706LSR

マルチユーザモードで動作するようになった。 しかし T-SH7706LAN に比べて SD へのアクセスが速くなったなぁ。

TAC T-SH7706LSR

MES >mount mmc0 SDHC Card:SDC :SDC Ver2. Disk capacity 4024958976[Byte] MES >mesboot.exe NetBSD boot loader ver.0.2 NetBSD kernel loading................. Copyright (c) 1996, 1997, 1998, 1999, 2000, 2001, 2002, 2003, 2004, 2005, 2006, 2007…

Xorg サポート

とりあえず動く様になったから commit しておくか。

続々 xf86-input-ws

キャリブレーション情報取得で得られる MinX, MaxX, MinY, MaxY は xorg.conf で指定できるようなのでとりあえずパッチは不要かねぇ。ums(4) はキャリブレーション情報持ってないしなぁ。 現在の xorg.conf をバックアップ。 Section "ServerLayout" Identif…

続 xf86-input-ws

ぐぬぬ、キャリブレーション情報を取得してないし。修正したら問題無く動作するようになった。 Index: ws.c =================================================================== RCS file: /cvsroot/xsrc/external/mit/xf86-input-ws/dist/src/ws.c,v ret…

xf86-input-ws

「Fix SwapXY and rotation support. From OpenBSD.」との事なので試してみる。 X/Y 軸はちゃんと動作するようになったけど、画面上部をタッチしてもポインタがそこに移動しない。なんでやねん。

続 xf86-video-wsfb

有効化した。

PR port-sh3/42433: landisk can't boot after remove uarea swap-out functionality.

uch さんのこの commit で解決。

xf86-video-wsfb

ローテートオプションを付けた時に画面描画がおかしくなっていたのだけれど、何故か無効化されていた shadowFB を有効にしたら正常に描画されるようになった。 なんで無効化されてるんだろ。 Index: wsfb.h ===============================================…